OpenOffice.org 1.1.0 で数式を書いてみた

私の環境:OOo 1.1.0 独自ビルド日本語版 + Windows ME (+ モバイル Celeron 500MHz + メモリ 256MB)
sooong さん、情報有難うございます。(_O_) 2004.1.11
ここには数式エディタ Math の解説のトップページを貼りました。
超高速編集可能な数式エディタの使い方(GUI編) in [★A STUDY OF LOTUS1-2-3★123大好き]
[OpenOfficeの感想] 重い(^^; でも、フリーウェアで MS Office と操作性が似ていて、 ファイル互換性があるのは有り難い。 (教育用にワープロや表計算を90人分買うだけの予算が無いのよね。)

数式をMathで書く

[コメント] WYSIWYG というよりは LaTeX のようにテキストベースで記述していく方式。 Mathは一種のインタプリタなのね。

文書中への数式の入力の仕方

  • Math で書いて Writer にコピペ
    1. Math で書いて [編集(E)] => [すべて選択(A)] => [編集(E)] => [コピー(C)]
    2. Write で数式を入れたい場所にカーソルを合わせて [編集(E)] => [貼り付け(P)]
    数式が複雑だと結構時間がかかる、、、気がする。
  • テキストで入力する方法
    1. Writerの文書中で、まずテキストで(LaTeXのように)数式を打ち込む
    2. 数式部分を選択する(マウスで文字の白黒を反転させる)
    3. [挿入(I)] => [オブジェクト(O)] => [数式(F)]をクリックする
      ==>文字列がきれいな数式に化ける
  • Writer 文書中に入力した数式を書き換える方法
    1. Writer で文書を開く。 このとき数式が「重い」と ファイルを開くのに時間がかかったりとか、 画面に数式を表示してくれない (数式を囲む枠だけが表示される) こともあるようで、 ちょっとビビる。
    2. 数式をクリックして選択
    3. マウスの右クリックでメニューを出して[編集(E)]を選択
      メニューのスクリーンショット
    4. Mathのテキストエディタ画面が現れる。
    その後、 文書に戻ると 開いたときに表示してくれなかった数式を 表示してくれてホッとする。 極端に重い数式はお勧めできないのかも。

書いた数式はMS Wordで読めるか?

手元の愛用の WinME マシン+ MS Word 2000 で試してみた。

Writer で数式を交えた文書を作って、 [名前を付けて保存] => [Microsoft Word 97/2000/XP (doc)] で保存すると、 若干フォントが汚くなる(多分、プリンタ等のフォントセットに依存)が Microsoft Word でも ほぼ同じ見栄えの数式を出力できた。 かなり大きな行列もきれいに(=レイアウトのバランスが崩れずに)出力できた。 驚いた。

HTML形式で保存、、、数式のgifがコケた

Writer で数式入り文書を作成し [名前を付けて保存(A)] => [HTML ドキュメント (OpenOffice.org Writer) (html)] で保存した。 できた数式のgifファイルが開けない。 なぜだろ? 設定悪いんか?

[参考] OOo で Word 形式のファイルに落とす => MS Word で開く => MS Word で HTML 形式のファイルに保存する => 汚いけれども読める数式gifを吐き出してくれた。

LaTeX との比較

記号 LaTeX OpenOffice/Math
積分記号

\int_{a}^{b}

int from{a} to{b}
行列

\left(
  \begin{array}{cc}
    a & b \\ c & d
  \end{array}
\right)

left (
  matrix{
    a # b ## c # d
  } 
right )
縦ベクトル

\left(
  \begin{array}{c}
    a \\ b \\ c \\ d
  \end{array}
\right)

left (
  stack{
    a # b # c # d
  } 
right )

matrix{ a ## b ## c } でも書ける
ギリシア文字 \omega
[数式モード内で1バイトのascii文字で綴る]

%omega
[OOo/Mathの左端のツールバーの中のΣをクリックするとパレットが出る]

ω [2バイトコード文字]
(見た感じこっちがきれい)
 
チルダ (~) \tilde a_{j+1}

[この書き方だと a のみにチルダが付く。 全体にチルダをつけるには \tilde{a_{j+1}}]
{tilde a}_{j+1}

[tilde a _{j+1} と書くと aj+1 全体にチルダが付いてぶざま]

2004.1.10 とりあえずこのメモを作った
あらきけいすけ(C) 日誌 掲示板